ご当地アイスの元祖ミッシュハウス

全国そのご当地でないと食べられない。ご当地アイスを世に送り出した元祖は、我々はミッシュハウスです。古くは、創業当時の30年前にさかのぼります。当時放送されていた人気ドラマで、北海道が舞台となっていたドラマがありました。言わずと知れた有名作品で、北海道富良野の風景や風情をふんだんに取り入れた人間ドラマでした。そのドラマを見ていた創業者が、「北海道富良野のラベンダーを使ったアイスを作ることはできないか?」と思い立ち、ミッシュハウスの挑戦が始まりました。

ミッシュハウスのご当地アイスをお勧めする理由

我々は、正直なところ数多くの失敗を繰り広げてきました。周囲からは、おおよそアイスに向いていない食材だからやめるようにとの忠告をもらいながらも、今までに無いアイスをお届けしたい、ご当地のアイスを世に広めていきたいという一心で、開発を続けてきました。

失敗の例としては、活用しようとした食材に特徴がありすぎたため、そもそも形としてのアイスにならなかったもの。お世辞にも美味しいといえなかったもの。保存性に難が出てしまったもの。様々なものがありました。それらの失敗を乗り越えて、たくさんのご当地アイスを世に出してきたからこそ、ミッシュハウスならではのこだわりと、ノウハウが詰まっているアイスといえます。

正直言ってしまうと、「なんとなくご当地アイス」を作るのは簡単といえます。当店アイスとして認められないような品質であっても、「ご当地アイスだから、面白半分で」「宣伝のためにアイスとしてあれば良いから、味は二の次」と割り切ってしまえば、こんなに簡単なことはありません。

しかし、ミッシュハウスはそれらをすべて避けて、「アイスとして世に送り出す以上、ミッシュハウスとしての名前に恥じない、美味しくて素晴らしいアイスをお届けしたい」と強く、強く願っています。

ミッシュハウスのご当地アイスを紹介します

当たり前ではありますが、「ご当地アイス」であるがために、超えなくてはならないハードルを越えてきた商品が、ミッシュハウスとしてお出ししているご当地アイスです。胸を張って、自信を持っておすすめできる、ご当地アイスの一部をご紹介いたします。

北海道北竜町 ひまわりアイス

ご当地カップアイスシリーズの中でも、ファンが多い「ひまわりアイス」。2012年のご当地アイスグランプリを受賞するなど、高い評価を頂いています。

北竜町のご紹介

北竜町は、空知北西部にある人口2000人ほどの小さな町ですが、ひまわりの作付け面積は日本最大級となる100ヘクタールを超える広大なもの。中でも、ひまわりの里は200万本近くとなるひまわりを鑑賞できるなど、町民の皆様が一体となってひまわりを愛し、生産を行っています。

ご紹介いただいた例

livedoor ニュース「実食して感動をお伝え! 「ご当地カップアイス」で食べておくと人生幸福になる5商品」
https://news.livedoor.com/article/detail/16743390/

ひまわりアイスをご購入いただけるセットはこちらです